一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会

東京商工会議所xJSTO共催 2020年に向けた観光セミナー ~外国人旅行者対応の「おもてなし術」を学ぶ~ のご報告

2017年2月15日(水)、東京商工会議所セミナールームにて、『2020年に向けた観光セミナー ~外国人旅行者対応の「おもてなし術」を学ぶ~』を開催いたしました。

以下にセミナー概要を報告いたします。

———————————————————————–

基調講演1 「インバウンド市場攻略のポイント」

講師:一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会 専務理事・事務局長 新津 研一氏

 

2020年に向けて訪日外国人旅行者が増える中で、どのようなおもてなしが必要とされるのか、お話いただきました。まずは訪日ゲストのことを好きになること、そして自分の街、お店を見つめなおし、魅力を明確にして伝える事が大切とお話があり、その後具体的な対応策についてご紹介いただきました。

 

 

基調講演2「外国人の視点を踏まえたインバウンド対応の取組」

講師:日中コミュニケーション株式会社 取締役 可 越氏

 

現在、訪日外国人旅行者数がトップで隣国でもある中国の最新事情や特徴をふまえて、訪日中国人に対してどのような対応が必要なのか、具体的な事例を交えながらご紹介いただきました。またその事例をふまえて、今後さらに多くの中国人の方に訪れていただくために必要なポイントをわかりやすくお話いただきました。

 

 

事例紹介1「顧客評価満点の添乗員から学ぶ“おもてなし術”」

講師:J&Jヒューマンソリューションズ ツアーコンダクター 清水 大徳氏

 

年間の半分以上を添乗業務で海外を飛び回るご経験を基に、添乗員としてどのような対応が必要なのか、どういいった心遣いや配慮が必要なのか、おもてなしという視点をふまえてご紹介いただきました。

 

 

事例紹介2「東京の水辺空間を活用した新たな“おもてなし”の取組」

講師:東京ウォータータクシー株式会社 オペレーティングマネージャー 井上 結葉氏

 

2015年3月に「好きな時に、好きなところへ」をコンセプトとして創業したウォータータクシーの概要と、現在までに利用した訪日外国人の事例や、その外国人の口コミによって訪れたお客様の事例など

をご紹介いただきました。

 

▲ ページの先頭へ