一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会

インバウンド対策セミナー in 大分

アジア訪日客のリピーター化と地方分散の拡大により「訪日外国人観光客4,000万人の達成」が確実視されるとともに、「消費額8兆円の達成」つまり民間の売上8兆円の獲得による地域活性化が叫ばれています。
また 今後の安定的なインバウンド拡大には、欧米豪等からの訪日客の拡大と新たなインバウンド消費の活性化に向けた商品、サービス、コンテンツの開発が求められ、各地で様々な取り組みが始まっています。

昨今 クルーズの急拡大とLCCの相次ぐ就航により アジアからの訪日客を中心に急拡大している九州のインバウンドは、欧米豪から多くの観戦客が見込める2019ラグビーワールドカップを契機に グローバルに進化し 一層拡大することが予見されます。
来年のラグビーワールドカップでは、参加国の多くが欧米豪の国々であり、試合間隔も一週間程度空き更には九州が域内に3会場を有するという好条件がそろっています。九州全域で官民が連携し、アジアからの訪日リピーターに加え欧米豪の富裕層ニーズを把握し その旺盛なインバウンド消費を余すことなく吸収することは、九州地域の経済成長及び活性化の絶好の機会です。
欧米豪の観光ニーズに対応するとともに消費意欲を誘う新たな土産品や体験型コンテンツの開発、各県の伝統工芸品等の販売の拡大につながる売り方や機会の創出の工夫をする必要があります。

今回のセミナーをきっかけに域内旅行消費最大化へのお取り組みをご一緒に考えましょう。インバウンドに関心のある民間の小売流通の皆様、自治体、観光関連事業者の皆様のご参加をお待ちしております。

開催概要

日時 2018年10月10日(水)13:30 〜 16:30
場所

大分銀行 宗麟館 5階

大分市東大道1-9-1

【主催】 一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会九州支部
【共催】 一般社団法人九州経済連合会
【後援】 一般社団法人九州観光推進機構
【協力】 株式会社大分銀行、株式会社ジェーシービー、株式会社JTB

詳細は下記資料をご覧下さい。

インバウンド対策セミナー in 大分

ダウンロード 151KB

プログラム

第一部

いつ、なにを、どう売る?インバウンド消費拡大による地域活性化を!

講師 一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会 事務局次長 吉川 廣司

第二部

外国人旅行者を迎えるための受入環境整備についての各種ご案内

各サービス提供事業者から

お申し込み

*は必須項目です。

お名前*
会社名*
部署名
メールアドレス*
業種


お問い合わせ
  • 一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会 九州支部
  • TEL:092-752-3521

  • (株)JTB福岡支店内
    営業日・営業時間:(月)〜(金)9:30 〜 17:30

よく読まれている記事

キーワードで検索する

広告主を募集します