一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会

東京都観光事業審議会に参加しました

東京都観光事業審議会に参加しました

1.開催内容

当協会は、2021年12月24日に開催された審議会に参加しました。東京2020オリピック・パラリンピック終了後の観光産業振興のガイドラインとなる「PRIME観光都市・東京 東京都観光産業振興実行プラン〜観光産業の復活と持続的な成長に向けて〜(案)」は、「観光産業の復活と『サステナブル・リカバリー』の実現」を基本理念として、3つの戦略と7つの施策をまとめています。2021年12月21日に案が公開され、審議会での議論と並行して、1月19日まで、広く意見が募集されています。

第23次東京都観光事業審議会(第2回)の報告について

2.当協会の発言

当協会からは、次の趣旨で発言しました。

●判断の難しい状況下であるにも関わらず、的確にまとめられたプランであること。今後、消費者動向と事業者動向を随時把握しながら、復活に向けた取り組みフェーズを着実に進めることが重要である。

●東京都は、世界屈指の都市であり、それにふさわしいPR、事業実施、観光資源の磨き上げを継続すべき。

●小売業は、重要な観光コンテンツの1つであるとの自覚を継続し、特に、早朝・深夜コンテンツ、富裕層への対応、消費効果への要請があると理解した上で、ショッピングツーリズムの振興に取り組む。

3.そのほか

他の委員からは、次の趣旨で活発な発言がありました。

●東京は日本の玄関であることの重要性

●コロナ禍での経験、オリパラ開催でのレガシーの活用

●その他、DX推進、MICE振興、バリアフリー対応、多摩島嶼の高付加価値化、深刻な影響下にある事業者支援先など

本プランは、2月頃の策定にされ、2022年度から23年度までの2年間の基本的な方向性となります。当日の資料・議事録については、後日東京都の公式ホームページに公開される予定です。

本件に関するお問い合わせ
  • MAIL:pr@jsto.or.jp

  • 情報戦略・広報部

よく読まれている記事

キーワードで検索する