一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会

東京2020大会を終えて

東京2020大会を終えて

JSTOが小売プロジェクトチームの座長をつとめる、2020年オリンピック・パラリンピック大会に向けた多言語対応協議会では、東京2020大会に向けて取り組んだ多言語受入環境の整備がどのように活かされているかを明らかにし、今後の多言語対応に活用するための調査を実施しています。

今夏、小売プロジェクトチームではインバウンド回復に備えた受入環境整備の取り組みとして、訪日ゲストに安全・安心にお買い物を楽しんでもらうための「安全・安心のための取り組み表示」として、多言語表記されたピクトグラムを新規で作成しました。

東京2020大会が閉幕し、このたび、小池百合子・東京都知事より大会開催に係る感謝の意を頂きました。

大会のレガシーを見据えて、小売プロジェクトチームは今後も多言語対応の取り組みを通じ、世界から訪れる訪日ゲストが円滑に移動し、安心して快適に滞在できるための、受入環境の向上を目指していきます。

ご参考までに、大会後のレガシーを見据えた東京都の取組、そして多言語対応協議会小売プロジェクトチームの活動と新規制作したピクトグラムをご紹介します。主に小売店や観光事業者の皆様におかれましては、訪日ゲストの不便解消、満足度向上と消費拡大に向けて、このツールをご活用いただけますよう、お願い申し上げます。

引き続き皆様のご支援とご協力をお願いいたします。

大会後のレガシーを見据えた東京都の取組について

多言語対応協議会小売プロジェクトチームの活動について

安全・安心のための取り組み表示(ピクトグラム)の公開

よく読まれている記事

  • 当協会の会員企業である中国インバウンドマーケティングからプロモーション施策までワンストップでサービスを行う株式会社BRAND JAPANより、「中国最新動向のレポート9月号」を公開しました。 現在の中国国内の旅行状況のま […]

    投稿日:2021.10.01

  • XIGUA株式会社(美団 大衆点評 日本支社)キーアカウントマネージャー草刈 美香 講師の草刈美香さんは、中国最大口コミ投稿型O2Oアプリケーション「大衆点評」の日本法人のコアメンバーです。大衆点評の登録ユーザーは2.5 […]

    投稿日:2021.10.22

キーワードで検索する