一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会

JSF in NEZU & HAKUSANのご報告

2017年2月1日~2月28日の1か月間、ジャパンショッピングフェスティバルを東京都文京区 根津・白山エリアの4商店街(八重垣謝恩会、根津銀座通り商睦階、根津宮永商盛会、白山上向丘商店街振興組合)にて開催いたしました。

エリア課題検証プロジェクトとして、「地域情報収集」「多言語対応」「情報発信の見直し」をテーマに、以下2つの施策に取り組みました。

エリア課題検証プロジェクト

1.海外目線での魅力の開拓
  • 留学生による伝統工芸体験
  • 外国人視点によるインバウンド対応・課題の意見交換会

JSF in NEZE & HAKUSAN エリア課題検証プロジェクト 海外目線での魅力の開拓

2.商店街情報の取り纏め・着地型での発信
  • 商店街店舗情報を集約し、JSNow内に多言語ページを作成
  • JSF in Nezu&Hakusanの開催(対象店舗でご購入もしくはご飲食頂いた訪日ゲストにJSFオリジナルピンバッジをプレゼント)

JSF in NEZE & HAKUSAN エリア課題検証プロジェクト 商店街情報の取り纏め・着地型での発信

2016年度は様々なイベントを行いましたが、各エリアで課題が異なり、全国規模で行うことの良し悪し、エリアを限定して行うことの良し悪しを体感しました。

本イベント実施後、イベントを行っても外国人が来なかった、という参加店舗からのお声もありましたが、取り組む=集客とはなりません。まず実施してみること、そして継続した取り組みを行い、エリアの魅力を発信する機会・支援をJSTOとして積極的に取り組んでいきたいと考えています。

よく読まれている記事

TOKYOインバウンドセミナー・アドバイザー派遣