一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会

Japan Shopping Festival in OKINAWAのご報告

2017年1月28日〜2月10日の期間中、沖縄にて『Japan Shopping Festival in OKINAWA』を開催いたしました。

 

沖縄県における訪日外国人旅行者の旅行支出は10万7,302円(沖縄県県文化観光スポーツ部)と、全国平均の17万6,167円(観光庁)とは大きな隔たりが生じています。そこで、ジャパンショッピングツーリズム協会は、沖縄県内の人気施設と協力して訪日外国人向けショッピングキャンペーンを実施し、県産品および国内特産品の販売・PRイベントと連携し、訪日客誘致と買い物促進、購買額の向上を図りました。

実施時期は春節にあて、特に中華圏からの旅行者への訴求を狙いました。

 

■企画内容

 ①各種商業施設・観光施設・商店街・店舗でのショッピングキャンペーンのプラットフォーム提供

 ②本企画限定のオリジナルピンバッジ、ポストカードのプレゼント企画(ハローキティ×花笠マハエ)

 ③各参加施設での告知ツールの展開(店頭及び観光案内所での配布・設置・掲出)

 ④WEB発信や海外展示会での告知、関係ルートによる各案内所、旅行代理店への告知及び参加促進、協力

 

■展開ツール

 

■参加施設

 ①デパートリウボウ

 ②パレットくもじ

 ③沖縄アウトレットモール あしびなー 

 ④海洋博公園

 ・ショップ「ブルーマンタ」・ショップ「やんばるの杜」

 ・オキちゃんショップ・ギフトショップ「南国」

 ⑤那覇国際通り

 ⑥若狭大型旅客船バース(8号)※クルーズ船の着日のみ

 ⑦アグリショップしまちゅらら

 ⑧首里城公園

 ・ミュージアムショップ「球陽」・ショップ「紅型」

 

■実施模様一例

 

JSF実施後のアンケートでは、まず実施することそして継続することの重要性が見られた一方で、ノベルティや告知など次回以降への改善点も多く寄せられました。特に購入促進のためにレジ前までの事前告知をいかに行うか課題が残りました。エリアキャンペーンにおいては、各地域及び自治体と事前からの連携及び協業を図り、より効果的な取り組みを行ってまりいたいと思います。

▲ ページの先頭へ